Sponsored Link


桧山は退団も…契約交渉は「長期戦」 桧山は退団も…契約交渉は“長期戦” 阪神・桧山進次郎外野手(3… 



Sponsored Link
 


桧山は退団も…契約交渉は「長期戦」

桧山は退団も…契約交渉は“長期戦” 阪神・桧山進次郎外野手(38)が18日、球団との来季契約について、じっくり話し合っていく 姿勢を示した。
近日中に球団幹部と会談を行う予定だが、現在の年俸6500万円(金額は 推定)から、野球ベースボール協約に定められた減額制限を超える大幅減俸を申し入れられることは必至。
現役続行の可否にかかわる大問題だけに、慎重な姿勢を示した。
野球ベースボールに集中し、ただ、勝利にまい進したシーズンだった。
必死で戦い終えた後に待っていた 厳しい選択。
球団側は来季の契約の意思は示しているものの、その条件は大幅減俸。
拒否すれば最悪、タテジマに別れを告げなければいけない可能性もある。
“究極の選択” となるだけに、腰を据えて球団との交渉に臨むつもりだ。
南球団社長(1試合にわたって集中力を維持するためには、適度にリラックスすることが絶対に必要だと思う)は「具体的には編成担当を通して任せています。
近日中にアクションを起こして 話し合うと思います」とコメント。
桧山は「お互いに日取りが合うところで、話をしようという事で 連絡を取った」と話した。
阪神一筋16年。
虎党に最も愛される生え抜きのベテランは、納得いくまで話し合いを重ねるつもりだ。
デイリースポーツonline 【野球ベースボール】阪神・桧山退団は誤報 ← 【野球ベースボール】阪神・桧山退団へ 阪神一筋16年 【野球ベースボール/デイリー】阪神球団が桧山と会談へ 「桧山退団の報は純粋には外れてない」と大幅減俸提示へ

世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です