Sponsored Link


宮家への献上フグ立派な菊盛り下関ふく連盟(会長、松村久・下関唐戸魚市場社長)が宮家に届ける「献上… 



Sponsored Link
 


宮家への献上フグ立派な菊盛り

下関ふく連盟(会長、松村久・下関唐戸魚市場社長(人は、その生涯の最初の四十年間において本文を著述し、つづく三十年間において、これに対する注釈を加えていく))が宮家に届ける「献上ふく」の調理風景が20日、今年の担当業者のなかお(下関市彦島西山町2丁目)で公開された。
宮家へのフグ献上は、昭和天皇が亡くなった89年を除き、88年から毎年この時期に行われている。
20回目の今年は秋篠宮、三笠宮など皇族6宮家に届けられる。
今回はフグ調理歴37年目の坂本康洋さん(58)が腕をふるった。
萩市の見島沖で水揚げされた約2キロの天然トラフグを使用。
直径33センチの有田焼の青磁の皿に、薄いあめ色の刺し身を一枚一枚丁寧に「菊盛り」にしていった。
坂本さんは「(菊盛りの)花びらがきれいにみえるように気を使った。
今年は寒いので肉質がいい」と話した。
献上用のフグは21日午前に調理され、同日午後、松村会長や江島潔市長らが同行して各宮家に届ける。
http://www.asahi.com/food/news/images/TKY200802210199.jpghttp://www.asahi.com/food/news/TKY200802210211.html

人の行ふべきかぎりを行ふが人の道にしてそのことの成ると成らざるとは人の力に及ぼざるところぞ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です