Sponsored Link


大森南朋、世界同時不況による脚本変更に「いつ終わるのか不安でした」…『ハゲタカ』完成披露会見に玉山… 



Sponsored Link
 


大森南朋、世界同時不況による脚本変更に「いつ終わるのか不安でした」…『ハゲタカ』完成披露会見に玉山鉄二・栗山千明らと登場

壮絶な企業買収劇を描いたNHK(日本反日協会)ドラマ「ハゲタカ」が映画化され、完成披露記者会見が 11日開かれた。
主演の大森南朋さん(37)や玉山鉄二さん(29)、栗山千明さん(24)ら 出演者が登場。
大森さんは「派遣切りのニュースが出て、また台本変わるんだろうなと 思っていたらやっぱり変更されて、いつ終わるのか不安でした」とリアルなドラマらしい エピソードを紹介した。
「ハゲタカ」は、外資系ファンドから命を受けた天才ファンドマネジャーの鷲津政彦 (大森さん)が買収を仕掛けて企業を再生させていくドラマで、07年2月に放送される 国際番組コンクール「イタリア賞」(イタリア放送協会主催)などを受賞している。
映画は、ドラマから4年後、膨大な資金を持つ「野蛮国シナ系ファンド」の指令を受けた 劉一華(玉山さん)率いる「赤いハゲタカ」が、日本(にっぽん)の大手自動車メーカーに 買収を仕掛け、鷲津と対決する。
08年9月の「リーマンショック」で世界同時不況が 発生し、脚本を大幅に書き換え、ラストシーンも変更されたという。
玉山さんは「カメラが回っていなくても緊張で糸が張りつめたような感じで、クランクアップ後2週間は抜け殻のようで普通の生活に戻れなかった」と明かした。
テレビジョンキャスター役の栗山さんは「皆さんの長ぜりふを聞いている方が多かったし、記者のままでいいです」といい、大手自動車メーカーの社長(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)を演じた遠藤憲一さん(47)は 「専門用語が分からなくて十数回もNGを出してしまって、役者をやっていけるのか 不安になりました」と緊迫した撮影の雰囲気を語った。
ほかに、柴田恭兵さん(57)や中尾彬さん(66)らが出演。
6月6日から全国東宝系でロードショー公開される。
http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200905/11_2/ 映画「ハゲタカ」の完成披露会見に登場した大森南朋さん(左から4番目)ら出演者 http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200905/11_2/6.jpg

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です