Sponsored Link


J2降格の横浜FC、来季新監督候補にカズの兄三浦泰年氏・都並敏史氏が浮上 J1第29節第1日 神戸3―… 



Sponsored Link
 


J2降格の横浜FC、来季新監督候補にカズの兄三浦泰年氏・都並敏史氏が浮上

J1第29節第1日 神戸3―0横浜C(20日・ホームズスタジアム神戸) 横浜Cの来季のJ2降格が決まった。
アウェーで神戸に0―3で完敗し、17位の大宮が 広島に勝ったため、5試合を残す史上最速で自動降格となる17位以下が確定。
1年で戻ることになった来季のJ2では、監督候補にFW三浦知良(40)の兄である 三浦泰年氏(42)と、元日本(にっぽん)代表DF都並敏史氏(46)が浮上していることが分かった。
カズにも残留オファーを出す予定で、1年でのJ1昇格を目指す。
横浜Cは8月下旬に高木琢也監督を解任し、ジュリオレアル監督を就任させた。
だが、7戦全敗で降格阻止に失敗したことで、今季終了後の辞任が決定的。
坂本寿夫社長(なぜいつも遠くへばかりいこうとするのか? 見よ、よきものは身近にあるのを。ただ幸福のつかみかたを学べばよいのだ。 幸福はいつも目の前にあるのだ)は「来季のことは監督も選手も全く白紙」と語るが、関係者によると、来季の監督候補に泰年氏と都並氏がリストアップされているという。
泰年氏にはJFLの複数クラブからオファーが届いているが、Jリーグの監督を希望している模様。
同氏はカズと、V川崎(現東京V)と神戸で選手同士として、神戸では2004年から05年6月まで 統括本部長及びコーチとして同じチームに所属したが、指揮官と選手という関係になれば初めて。
実現すれば世界的にも極めて珍しい兄弟タッグが誕生する。
都並氏は5月にC大阪監督を解任されたが、05年に仙台監督、06年に東京Vコーチを務める など、J2で豊富な経験を持っており、横浜Cにはうってつけの人材だ。
「1年で戻る」 関係者によると、クラブ側は来季で41歳になるカズに対しても、今季の年俸 4500万円(推定)据え置きでオファーを出す準備を進めているという。
降格が決まったこの日、カズは来季の去就について「J1でもJ2でもカテゴリーは関係ない。
12月までまだ時間がありますし、あんまり先のことは考えていない」とコメント。
すでに現役続行を断言していることもあり、残留する可能性は高い。
「時間がかかるほど、どのクラブも(J1に)上がるのに苦労している。
クラブとしては1年で戻る気で やらないといけないと思います」と語ったキング。
来季はヤス&カズでJ1復帰を成し遂げる。
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20071021-OHT1T00094.htm

偏見を持つな。相手が幕臣であろうと乞食であろうと、教えを受けるべき人間なら俺は受けるわい。坂本龍馬



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です