Sponsored Link


秋山成勲、初勝利(判定)もまるで敗者…ブーイングの嵐 ダナ・ホワイト社長も「今回の判定は100%同意… 



Sponsored Link
 


秋山成勲、初勝利(判定)もまるで敗者…ブーイングの嵐 ダナ・ホワイト社長(一般的に人間は犬に似ている。ほかの犬が遠くで吠えるのを聞いて、自分も吠える)も「今回の判定は100%同意できない」

「UFC100」が11日、米ラスベガスのマンダレイベイ・イベントセンターで行われ、注目の秋山成勲(33=クラウド 秋山道場)はデビュー戦で米の強豪アラン・ベルチャー(25)と対戦。
序盤から激しい打ち合いで左目を腫らし ながらも、なんとか2-1の判定で初勝利を挙げた。
ただ、完勝とはほど遠い内容に本場のファンはブーイングの嵐。
距離感や金網の使い方などオクタゴン(八角形のリング)への課題が浮き彫りとなった。
世界ヘビー級統一 王座決定戦は正規王者のブロック・レスナー(31=アメリカ合衆国)が暫定王者のフランク・ミア(30=アメリカ合衆国)を2R1分 48秒TKOで勝利した。
道着姿の秋山が入場すると、1万673人の大観衆は総立ちで出迎えた。
場内に響き渡る歓声と拍手。
東洋から 来た格闘家らしく、オクタゴンの前で正座をして一礼すると、場内の興奮は最高潮に達した。
大歓声に押され、秋山は序盤から積極的に左右のパンチを繰り出した。
だが、開始2分すぎにベルチャーのロー キックがもろに急所に入るアクシデント。
そこから何かが狂い始めた。
2Rにはテークダウンしてもきめきれない。
逆にベルチャーのパンチを食らった左目が腫れ始める。
最終Rにはほとんど前が見えない状態になり、距離感が つかめずパンチは空振りばかり。
最後はなんとか2-1の判定で勝利したものの、ふがいない戦いぶりに失望 したラスベガスのファンは一転してブーイングを浴びせた。
ソース(記事の続きは>>2以降)

人生は、10段変速の自転車のようなもの。 だれもが自分がもっているものの大半は使っていないのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です