Sponsored Link


IP電話の近未来通信、営業役員が配当操作[09/19]IP電話の近未来通信、営業役員が配当操作一般投資家… 



Sponsored Link
 


IP電話の近未来通信、営業役員が配当操作[09/19]

IP電話の近未来通信、営業役員が配当操作一般投資家から資金を募り、電話の利用料から配当するとうたっているIP電話会社「近未来通信」(東京都中央区)は、実際には営業担当役員が利用料と関係なく配当額を決めていたことが、関係者の話で分かった。
役員は毎月、投資家からの資金の集まり具合に応じ、配当額を“操作”していた。
電話利用料から投資家に還元するとしている宣伝文句は、実態とかけ離れていたことが改めて浮き彫りになった。
関係者によると、同社は、毎月上旬にその月の配当額を投資家へ通知し、各自の口座に配当を振り込んでいる。
配当には、投資家の出した資金を主とする収入から、人件費などの経費を引いた分を回していた。
各投資家への配当額は、営業担当役員が毎月末、投資家に払った前月の配当額の一覧表を見て、「不満が出ないよう、今回は多めに」「前月が多かったので、今回は少なくする」などと1件ずつ決定。
投資を始めたばかりの人には手厚く、配当によって投資した元本分を既に回収できている人には低く抑えるようにしていた。
その上で、前月分の一覧表に鉛筆で加筆・修正し、社長(人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、 賢い人間はそれを念入りに読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから)に報告して了解を得てから、部下に振り込みなどを指示していた。
(2006年9月19日3時5分)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060919i301.htm

人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です