Sponsored Link


醤油業界12位、サンビシが民事再生法の適用申請 



Sponsored Link
 


醤油業界12位、サンビシが民事再生法の適用申請。
「民事、刑事責任、覚悟している」

しょうゆ製造販売の老舗、サンビシ(愛知県小坂井町)は二十八日、子会社が設立した会社がデリバティブ(金融派生商品)取引で多額の損失を出した影響で債務超過に陥ったため、名古屋地方裁判所に民事再生法の適用を申請したと発表した。
負債総額は約九十五億円。
及部久嗣社長(彼は人を好きになることが好きだった。だから、人々は彼のことを好きだった)は記者会見し、辞任を表明した。
サンビシは名古屋証券取引所第二部上場。
名証は二十九日付で同社を整理ポストに割り当て、十一月二十九日付で上場廃止とする。
及部社長によると、デリバティブに失敗したのは、子会社のサンビシ商事が設立したサンビシエイ・エム・エス。
及部社長が両社の社長を兼務している。
両社は二十八日、名古屋地方裁判所に破産申請。
これにより、サンビシのサンビシ商事への貸付金など四十六億二千七百万円が回収不能となり、二十億円程度の債務超過となる見通しとなった。
デリバティブの損失額は五十七億円程度という。
サンビシは本業のしょうゆ製造などでは利益が出ており、二〇〇五年三月期決算の経常損益は二億三千万円の黒字だった。
事業は継続し、一方で資産を処分して債権者への弁済に充てる。
デリバティブは「利益を得る目的」(及部社長)で一九九七年から始めた。
サンビシは、サンビシ商事への貸付限度額を累計で十五億円とすることを取締役会で決めていたが、及部社長は損失の穴埋めのため、これを無視して独断で貸し付けを増やした。
及部社長は「失敗を隠したい気持ちがあった。
民事、刑事で責任を問われることもあり得るが覚悟している」と話した。
<サンビシ>1896(明治29)年創業。
しょうゆのほか、たれやみりんなど料理用調味料を幅広く製造。
現在は愛知県内で住宅販売事業も手がける。
現社長の及部久嗣氏は父の敬氏(現取締役相談役)の後を継いで91年就任。
05年3月期単独決算の売上高は44億6300万円で、民間信用調査機関の帝国データバンクによるとしょうゆ業界12位。
http://www.chunichi.co.jp/00/thk/20051029/ftu_____thk_____003.shtml

一般的に人間は犬に似ている。ほかの犬が遠くで吠えるのを聞いて、自分も吠える



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です