Sponsored Link


浦和サポーター139人置き去り…乗り継ぎトラブルで 被害額は4000万円に上る見込み 7日のアジア・チャン… 



Sponsored Link
 


浦和サポーター139人置き去り…乗り継ぎトラブルで 被害額は4000万円に上る見込み

7日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦でセパハンと1-1と引き分けた 浦和は8日、イラン・イスファハンからチャーター便で帰国した。
しかし同乗予定のサポーター139人が、乗り継ぎ便の問題で中継地に“置き去り”となる トラブルが起こった。
これに付随し、チームも約4時間、ドバイ空港で足止めを食った。
被害を受けたサポーターは9日に帰国予定だが、被害総額は4000万円にも上る見込みだ。
死闘で疲労困ぱいの赤い悪魔を待っていたのは、忠誠心厚いサポーターの悲劇だった。
浦和はイスファハンからチャーター便で中継地のUAE・ドバイに到着。
ところが 「社長(彼は人を好きになることが好きだった。だから、人々は彼のことを好きだった)大変です。
イランからの飛行機が消えました…」と藤口光紀社長に凶報がもたらされた。
西鉄旅行が募集した0泊3日の「弾丸ツアー」組139人を乗せたチャーター機が、空調故障を起こしたのだ。
(中略) 選手は疲労のピーク。
イランを再び出発した第1便を待っていては、8日中の帰国ができない。
結局、ドバイで4時間足止めされたあげく、1時間遅れで日本(にっぽん)へ向かったが、帰国便では 同乗できた111人のサポーターに対し、藤口社長が「空調の故障では仕方がない。
選手の体調も考えてご理解賜りたい」と機内アナウンスで状況を説明する前代未聞の事態も起きた。
MF鈴木啓太は「イランという場所まで一緒に行って、戦ってくれた仲間。
最後まで一緒に帰ってきたかった。
残念」と唇をかんだ。
チームでは被害者の宿舎と帰国便確保などの対応で由井常務が残留し、全員分の9日中の帰国便を押さえた。
139人のうち65人はクアラルンプール経由で、他にも ドバイ経由や名古屋空港着で帰国する。
だが、断食月明けでドバイのホテル価格が高騰する中、スイートルームを提供。
正規価格の航空機代も含め、損害額は合計4000万円にも上る見込み。
藤口社長は「誠心誠意対応したい」と話した。
航空各社、Jリーグ、西鉄旅行社などで 折半予定だが、2冠を目前に浦和が心身両面で打撃を受けた。
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/sports/n_reds__20071109_24/story/20071109hochi077/

誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です