Sponsored Link


阪神電鉄と村上ファンド、共同作業チーム検討阪神電気鉄道と、同社の筆頭株主となったMACアセットマ… 



Sponsored Link
 


阪神電鉄と村上ファンド、共同作業チーム検討

阪神電気鉄道と、同社の筆頭株主となったMACアセットマネジメント(村上ファンド)は11日、阪神電鉄の企業価値向上へ向けた具体策を協議する共同の作業チームを設置する方向で調整に入った。
ファンドを率いる村上世彰(よしあき)氏と、阪神電鉄の西川恭爾社長(盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです)が同日行ったトップ会談では、今後、村上ファンド側の事業提案を阪神電鉄側も真剣に検討することを確認しており、具体的な意見のすり合わせの場となる見通しだ。
作業チームは、双方の専務、副社長クラスをトップとして、実務部隊で構成する案が有力だ。
当面、JR大阪ステーション前や、阪神百貨店(大阪市)、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)などの土地について、証券化などの手法を含めた活用策を検討すると見られる。
また、村上氏は、阪神電鉄グループの業績向上を目的に、効果的な協業が図れる企業の候補リストを提出するとしている。
このリストを基に、プロ野球ベースボール・阪神タイガースのブランド力などを一段と高める方策も検討対象になる。
11日の会談後の会見で西川社長は、「(村上ファンド側からの)良い提言はちょうだいしてやっていき、ふさわしくないことは断るという感じで対応していきたい」と述べ、検討結果によって、村上ファンドの提案を受け入れる考えを示した。
一方で、球団上場については反対の姿勢を崩さず、「考え方は基本的に変わらない。
(タイガース関連の)収益を全部、(グループの)外に出さないようなビジネスモデルを構築しており、それがベストだ」と、球団を100%子会社として保有し続ける方がよいとの考えを強調した。
その上で、村上氏が「上場の是非についてファンの意見を聞いてみるべきだ」と主張している点については、「ファンや関係者の意見は十分、うかがいたい」とした。
(2005年10月12日8時40分)http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20051012it01.htm

同じ職業の者が真の友人になることは、違った職業の者の間においてよりも遥かに困難である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です