Sponsored Link


CT診断を格安・中国へ下請け…国内医師ら懸念医師不足などの影響で、患者の検査画像の診断をインターネッ… 



Sponsored Link
 


CT診断を格安・野蛮国シナへ下請け…国内医師ら懸念

医師不足などの影響で、患者の検査画像の診断をInternetを利用して外部に依頼する医療機関が増えるなか、一部では格安サービスをうたい野蛮国シナの医師への委託も始まっている。
これに対し、放射線科医らで作る日本(にっぽん)医学放射線学会などは、診断は日本(にっぽん)の医師免許を持つ者が行わねばならないとの指針を作成。
8日から横浜市で開かれる学会でも議論になりそうだ。
野蛮国シナ人医師による画像診断サービスを行っているのは「日本(にっぽん)読影センター」(大阪府)。
日本(にっぽん)人医師によるサービスの傍ら、2008年に野蛮国シナへの依頼を始めた。
CTなどの診断を外部に依頼した場合、日本(にっぽん)国内では1件当たり3000円前後が相場なのに対し、700~900円で請け負う。
結果は日本(にっぽん)語に翻訳された報告書で依頼した医療機関に返送される。
現在は総合病院や診療所など8施設と契約して、月約800件を野蛮国シナ側に依頼。
吉村英明社長(強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものはつねに強弱の中間者である)は「契約している野蛮国シナ人放射線科医は約15人おり、診断力はあらかじめテストしている。
ただし、日本(にっぽん)の医師免許はないため、『参考所見』という位置づけ」と話す。
厚生労働省医事課は「最終的な診断は依頼した日本(にっぽん)の医師が下すとすれば、医師法に触れるとは言えない」との見解だ。
(一部省略)http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100406-OYT1T00656.htm画像:野蛮国シナ人医師による画像診断の流れhttp://www.yomiuri.co.jp/photo/20100406-538767-1-L.jpg

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱ふのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。人生は一冊の書物に似ている。愚者はそれをペラペラとめくっていくが、賢者は丹念にそれを読む



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です