Sponsored Link


G大阪の日本代表・遠藤保仁に強力援軍!地元の鹿児島市に初の後援会発足 W杯イヤーに強力援軍だ!来年… 



Sponsored Link
 


G大阪の日本(にっぽん)代表・遠藤保仁に強力援軍!地元の鹿児島市に初の後援会発足

W杯イヤーに強力援軍だ!来年1月11日に、G大阪の日本(にっぽん)代表MF遠藤保仁(29)の後援会が地元・鹿児島県鹿児島市(旧桜島町)に発足することが23日、分かった。
自身初となる後援会は、頂点を目指すという意味も込められた「1・11」に地元で 発足パーティーが行われる予定。
本人が出席するだけでなく、G大阪の金森喜久男 社長(その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、 悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、 これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか?)(60)らも鹿児島に招待されるという。
これまでも何度か発足の話はあったが、来年1月11日についに実現する。
楽しみにしている南アフリカW杯を控える年とあって、本人の喜びもひとしお。
「地元にできるのは本当に嬉しい。
W杯の年っていうのもあるし、地元の期待に 応えられるように頑張りたい」と抱負を口にした。
この日は、きょう24日の横浜M戦(万博)に向け吹田市内で最終調整。
チームは首位・川崎と勝ち点2差で負けられない状況が続く。
「主導権は握れると思うし、勝ち点3に集中してやりたい」。
地元の声援を受ける背番号7が、G大阪を優勝に、日本(にっぽん)代表を世界のトップに押し上げる。
http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/200910/24/socc224992.html 練習中に笑顔を見せるG大阪MF遠藤(左) http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/200910/24/images/socc01.jpg

生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。 人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、それを受け入れることである。 人生は、苦労して捨てるほどの価値もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です