Sponsored Link


横浜が三浦大輔投手の引き留めに3年8億プラス“幹部手形”を用意 横浜が、FA権を保有し今季限りで6年契… 



Sponsored Link
 


横浜が三浦大輔投手の引き留めに3年8億プラス“幹部手形”を用意

横浜が、FA権を保有し今季限りで6年契約が切れる三浦大輔投手(35)に 3年総額7~8億円契約プラス“幹部手形”の好条件を用意して引き留めをはかる。
三浦は今季右肩痛で戦線離脱しながらも防御率3・56と規定投球回数に到達し、チームトップの7勝をマーク。
FA宣言した場合は阪神などが興味を示しており 争奪戦は必至な状況だけに、佐々木球団社長(世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない)は「相川、金城もそうだけど三浦も 絶対に残ってもらわないと困る」。
村上チーム運営部門統括も「他球団も獲りにくる。
複数年?それも考えているし、ある程度条件を考えないと。
指導者の資質もある」 と提示条件に将来の指導者手形を含める可能性を示唆した。
三浦は「じっくり考えたい」 と明言を避けており交渉は長期化する可能性が高いが、来季の巻き返しへ 不可欠な存在だけに最大限の誠意を示して慰留を促す。
スポニチ http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/10/18/10.html

1試合にわたって集中力を維持するためには、適度にリラックスすることが絶対に必要だと思う



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です