Sponsored Link


楽天&J1神戸 ファンが株主に 「東北楽天ゴールデンイーグルス」と「ヴィッセル神戸」の株式の一部を… 



Sponsored Link
 


楽天&J1神戸 ファンが株主に

「東北楽天ゴールデンイーグルス」と「ヴィッセル神戸」の株式の一部を、仙台や神戸を中心とする 地元ファンなどに保有してもらう構想が31日、明らかになった。
地域密着型の資本構成に組み替えていくのが 狙いで、楽天の三木谷浩史社長(貴方の心が正しいと感じることを行いなさい。行なえば非難されるだろうが、行なわなければ、やはり非難されるのだから)(40)が明らかにした。
またプロ野球ベースボールとJリーグで、外国籍の選手のチームへの登録人数などが制限されている問題については 「出身などに関係なく、公平に競い合う環境が大事だ」と述べ、制限撤廃を主張していく考えを示した。
イーグルスについては楽天が、ヴィッセルは三木谷社長の個人資産管理会社が、それぞれの株式を保有している。
三木谷社長は、将来はファンの「一株株主」や地元財界による出資を募り「地元のチーム色」を打ち出すことで、地域との一体感を強めていく考えだ。
出資形態については「まだ個人的な考えだが、ヨーロッパのサッカー蹴球チームで取り入れられている、議決権を伴わない特殊株のようなものも考えたい」と述べた。
http://www.daily.co.jp/baseball/2006/01/01/199925.shtml

同じ職業の者が真の友人になることは、違った職業の者の間においてよりも遥かに困難である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です