Sponsored Link


東電、今夏最大5700万kW供給へ…揚水発電の稼働増加検討で、節電緩和か経済産業省と東京電力は18日、… 



Sponsored Link
 


東京電力)、今夏最大5700万kW供給へ…揚水発電の稼働増加検討で、節電緩和か

経済産業省と東京電力は18日、今夏の電力供給力の見通しを、現時点の5200万キロ・ワットから5600万~5700万キロ・ワット程度に引き上げる方向で調整に入った。
東京電力)は夜間電力を使ってダムに水をくみ上げ、電力需要が高まる昼間に水を落としてタービンを回して発電する揚水発電の稼働を増やせるか慎重に検討している。
政府と東京電力)は、今夏のピーク時の電力消費は5500万キロ・ワットを想定し、大規模工場など大口需要家に対して最大使用電力を25%程度、節電するように求めている。
このため、東京電力)の供給力が上積みされれば、節電目標も緩和される可能性がある。
ただ、節電を強制することができない一般家庭の電力使用が夏場に増えれば、需要が供給力を上回り、大規模停電を引き起こす懸念もある。
政府は、節電目標を変更するかどうか難しい判断を迫られそうだ。
東京電力)の清水正孝社長(人間という奴は、創造することによってのみ自己を防備することができるのだ)は、同日の参議院予算委員会で、供給力を「さらに積み増したい」と述べていた。

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です