Sponsored Link


早実・斎藤の定価4百円で既に製造中止のハンカチがネットオークションで1万円越え 全国高校野球選手権… 



Sponsored Link
 


早実・斎藤の定価4百円で既に製造中止のハンカチがネットオークションで1万円越え

全国高校野球ベースボール選手権大会の優勝校、早稲田実業の斎藤佑樹投手がマウンドで顔の汗を ぬぐっていた青いハンカチを求めて、製造元の「ニシオ」(大阪市中央区)に、「どこで買えるのか」などの問い合わせが殺到している。
「佑ちゃんハンカチ」の人気の過熱ぶりに、同社の西尾武志社長(人間だけが赤面できる動物である。あるいは、そうする必要のある動物である)(49)も苦笑するばかりだ。
同社長によると、斎藤選手が使っていたハンカチは、2001年に主にギフト用として製造を 開始したが、昨年9月ごろに中止した。
既に在庫はなく、製造再開は未定。
定価400円のこのハンカチに、ネットオークションでは1万円を超える値段が付いた。
同社長は、「中古品を高値で買う気持ちが分からない」。

商人の職業は、物が豊富にあるところから物の高価なところにもたらすことだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です