Sponsored Link


民主党二輪車ユーザー議連が東京モーターサイクルショーを視察東京モーターサイクルショーに、民主党二… 



Sponsored Link
 


民主党二輪車ユーザー議連が東京モーターサイクルショーを視察

東京モーターサイクルショーに、民主党二輪車ユーザー議連の国会議員が訪れた。
27日の開会とともに視察に訪れたのは内山晃会長と石井章副会長の2人。
内山氏はハーレーダビッドソンのオーナーであり、クラブ仲間とツーリングに出かけることもある現役ライダーだ。
石井氏もかつてオートバイに乗り、ともにその社会環境に関心が高い代議士だ。
「駐車場不足など交通環境の悪化で、オートバイ本来の機能が発揮できていない。
法規制の緩和などでできることはしなければならない」というのが、内山氏の持論。
KTMの展示スペースを訪れ、来年発売予定の電気バイクに注目。
電気バイクの環境性能などを熱心に尋ねた。
電気バイクは、排出ガスゼロ。
エネルギー効率も高い。
「こういうのはいいですよね。
自動車や住宅だけでなく環境に優しいものは、なんでもエコポイントを付けていくべきですよ」と、語った。
また、石井副会長も屋外特設会場まで細かく足を運び、二輪車の現状を視察した。
http://response.jp/article/2010/03/27/138295.html画像:内山晃代議士(民主党二輪車ユーザー議連会長)とミヒャエル・シャノー社長(誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい)(KTMジャパンhttp://response.jp/imgs/zoom/255213.jpg

友人たちが「お若く見えますね」と誉めだしたら、あなたが年をとったしるしだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です