Sponsored Link


民放で一番コストパフォーマンスがいいのは日テレ・夏目三久、推定年収790万円 今年の女子アナの世界… 



Sponsored Link
 


民間放送で一番コストパフォーマンスがいいのは日テレ・夏目三久、推定年収790万円

今年の女性アナウンサーの世界で、日本(にっぽん)テレビジョンの夏目三久(24)が大躍進している。
発売中の「フラッシュ」によれば、テレビジョン局や広告代理店が作成している「潜在視聴率ランキング」で、入社3年目の夏目が6.3%をマークして2位にランクイン。
1位は高島彩(6.5%)、3位は生野陽子(6.2%)、4位が中野美奈子(6.1%)だから、夏目は“女性アナウンサー王国”フジテレビジョンの牙城を突き崩したわけだ。
この中で目を引くのは夏目の推定年収が女性アナウンサーの中では790万円と少ないこと。
同ランキングの上位陣を見ると、入社9年目の高島が2000万円、8年目の中野が1800万円、夏目と同じ3年目の生野は1300万円ももらっている。
夏目の働きぶりを考えると、破格の安さだ。
「日テレでは数年前から年俸制が導入され、若手アナの給料が抑えられています。
それでいて、日テレが推し進める“アイドル路線”がハマって人気も抜群だから、他局の人気女性アナウンサーに 比べるとコストパフォーマンスが圧倒的にいい。
若手のアナは不満を漏らしているようですが、日テレはニンマリでしょう」(テレビジョン関係者) 夏目は日テレにとって久々に登場したアイドルアナだ。
1年目から「おもいッきりイイ!!テレビジョン」 のアシスタントに抜擢され、“10年にひとりの逸材”といわれた。
4月からは新大型情報番組 「おもいッきりDON!」の司会にも起用されている。
同番組は中山秀征がMCを務め、「ラジかるッ」と「おもいッきりイイ!!テレビジョン」を合体させた 3時間半の生ワイド番組で、日テレにとっては4月改編の目玉として位置付けられている。
番組の合体が決まったとき、「ラジかるッ」に出演していた宮崎宣子は必死で残留を希望したというが、あっさり夏目が蹴散らしてしまった。
日テレは完全に夏目を“エース”として育てるつもりなのだろう。
夏目は昨年4月に老舗アパレル会社社長(人間は、助けることのできるすべての生命を助けたいという内的要求に従い、なんらかの生命のあるものならば加害することを怖れるというときにのみ、真に倫理的である)の御曹司との親密交際が報じられ、局から 大目玉を食らったという。
もう少し給料を上げてあげないと電撃寿退社してしまうかも……。
http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/story/18gendainet07027252/

人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です