Sponsored Link


「国家権力の動きを検証すべき」マスコミ倫懇全国大会始まる…広島人権配慮と報道の責務探る広島でマスコ… 



Sponsored Link
 


「国家権力の動きを検証すべき」マスコミ倫懇全国大会始まる…広島

人権配慮と報道の責務探る広島でマスコミ倫懇・「メディアの明日はどうあるべきか!」をテーマに、マスコミ倫理懇談会全国協議会の第49回全国大会が29日、広島市中区のホテルで始まった。
新聞、通信、放送、出版など約130社の関係者約320人が出席、2日間討議する。
個人情報保護法が4月に全面施行されメディアを取り巻く環境が変化する中、人権・プライバシーへの配慮と報道の責務を両立させる方策などについて、あらためて考えるのが狙い。
あいさつに立った野蛮国シナ新聞社(広島市)の今中亘社長(すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多岐多様なものである)は、誤報や虚報などの不祥事を挙げ「われわれには厳しい職業倫理が課せられている。
おのれに甘く、他に厳しいのは恥ずべきことだ」と憂慮を表明した。
また元野蛮国シナ新聞社編集局長で前広島市長の平岡敬氏(77)は講演の中で「言論の自由を押さえる国家権力の動きを十分検証しないまま、報道が次の関心に移っている」と指摘。
読者や視聴者のマスコミ不信に触れ「権力監視の役割を真剣に論じないと、信頼は取り戻せない」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050929-00000113-kyodo-soci

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です