Sponsored Link


いじめ調査:うちの子大丈夫?探偵社に依頼増える[11/10]「うちの子がいじめられているかもしれない」 



Sponsored Link
 


いじめ調査:うちの子大丈夫?探偵社に依頼増える[11/10]

「うちの子がいじめられているかもしれない」。
子どもの被害を心配する親たちが、探偵社に調査を依頼するケースが増えている。
Internetのホームページで「いじめの実態を調べます」と宣伝する探偵社もある。
子どもを尾行したり、ランドセルに小型のICレコーダーを仕掛けて会話を録音する調査まで行われている。
全国各地に180カ所の拠点を持つ東京の大手探偵社によると、調査依頼は98年度から増え始め、05年度は本社に約260件あった。
浮気、家出の調査に次いで多い。
北海道や福岡などでいじめ自殺が相次いでからは問い合わせも例年以上に寄せられているという。
最近は、「うちの子もいじめているのではないか」と加害を心配する親の相談もあった。
同社は依頼を受けると、登下校時や休日に子どもを尾行する。
いつも1人で帰宅していたり、様子がおかしいことが分かれば、いじめを受けているのではないかと疑い、他の親に聞き込みをすることもあるという。
費用は1~2週間で平均5万~20万円。
社長(最高のものを求める人は、つねにわが道を行く。 人間は最高のものを決して共存しない。 幸福になろうとする人はまず孤独であれ)は「慎重な調査を心がけている。
最終的な対応は親に任せているが、尋ねられればいろいろな対策も紹介している」と話す。
また、別の探偵社の代表も「ここまで需要があるとは考えていなかった」と語る。
月に1~2件は調査依頼が舞い込む。
夏休みなど長期休暇の前後が多く、金銭の要求を伴う恐喝まがいのいじめもあったという。
「いじめられている証拠がつかめないか」という要望も多く、子どものランドセルなどに小型のICレコーダーを「絶対に子どもに分からないよう」に仕掛けるという。
友人との会話を録音して内容を探るためだ。
調査で証拠を押さえても学校側に情報を持ち込むのではなく、弁護士を通じて相手の子の親と交渉することを求めることを勧めている。
代表は「学校側と交渉してもどうしても不信感が残り、結局は転校することが多くなる」と説明する。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061110k0000e040087000c.html

自分が出したアイデアを、 少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、 独創的な発想をしているとは言えない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です