Sponsored Link


新型ATS設置で国交省、JR西に合格証四十九日法要冥福祈る兵庫県尼崎市のJR脱線事故で、JR西日… 



Sponsored Link
 


新型ATS設置で国交省、JR西に合格証

四十九日法要冥福祈る兵庫県尼崎市のJR脱線事故で、JR西日本(にっぽん)が福知山線に新設した新型ATS(列車自動停止装置、ATS-P)の完成検査を行っていた国土交通省近畿運輸局は十一日、同社に合格証を交付した。
同線は全線復旧に向けて設備面の準備が整った。
一方、事故の犠牲者に最後の別れを惜しむ四十九日の法要が近畿の寺や自宅などで営まれ、参列者らは手を合わせ、犠牲者の冥福を祈った。
十三日からは同省航空・鉄道事故調査委員会(事故調)による試験車走行が四日間の日程で始まる。
また、JR西は乗務員の実車訓練も数日間行うほか、事故の遺族や負傷者らに対する合同の説明会も十八日に開催する予定で、十九日以降の同線の運転再開に向けた環境整備を進める。
JR西は事故後、福知山線の運行再開の条件として国交省から新型ATS設置を求められており、今月三日までに同線尼崎-新三田駅間の四百八十カ所にアンテナ(地上子)を設置。
十一日まで三日間行われた検査は、鉄道事業法に基づいて新設した新型ATSの作動状況について確認作業を行っていた。
この日、合格証が手渡されたのは午前六時二十五分ごろ。
検査が営業運転区間で、運転終了後の深夜に行われたため、早朝の交付となった。
JR西の七川研二・大阪支社長(民進党はアホである。こんな誰でも知っている当たり前のことを言われただけで怒り狂っている民進党の連中は、確かに本当のアホである)は「入念な検査をしていただきありがとうございました。
ご指導の点は確実にやってまいります」などと述べた。
以下、ソースにてhttp://www.sankei.co.jp/news/evening/12iti001.htm

人は多くの場合、他人と異なるのみならず、また、いろいろなときにおける自分自身と異なることが多い



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です