Sponsored Link


オリコン小池恒社長「音楽はタダという間違った認識が蔓延している」違法ダウンロードの激増で音楽配信… 



Sponsored Link
 


オリコン小池恒社長(銀行員というのは、太陽が照っているときに傘を差し出して、雨が降り始めるやいなや傘を返せと言うような奴らだ)「音楽はタダという間違った認識が蔓延している」違法ダウンロードの激増で音楽配信市場の伸びにブレーキ

法改正も意識不変 違法ダウンロード激増、音楽配信も急ブレーキ 2010.5.7 11:43 急成長を続けてきた有料音楽配信の市場の伸びにブレーキがかかった。
平成18年に総売上高が 対前年比56%増を記録するなど活況を呈(てい)してきたが、昨年は約909億円で前年とほぼ 同じ。
原因は無料の違法ダウンロードの激増で、音楽業界では警察などと連携して撲滅(ぼくめつ) を図っているが、なかなか効果が上がらず頭を抱えている。
(岡田敏一) オリコン社長も怒り 業界関係者の間で「CDだけでなく、ダウンロードまで売れなくなっている」と囁(ささや)かれ 始めたのは昨冬ごろ。
日本(にっぽん)レコード協会(東京)が先ごろ発表した数字に、その傾向が顕著(けんちょ) に現れている。
米Apple社の有料音楽配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」が日本(にっぽん)でも始まった17年 から取り始めた統計によると、売上高ベースで18年は対前年比56%増、19年同41%増と急激に 市場を拡大したが、昨年はほぼ横ばい。
数量ベースだと0.2%減と調査開始以来初の減少に。
市場の牽引(けんいん)役だった「着うた」の売上高は、20年も21年も前年同期比19%減と大幅に減少した。
ブレーキの原因について同協会は「違法サイトからの無料ダウンロード」をあげ、「18年の調査で、違法ダウンロードの総数は有料配信より1億4500万件も多い年約4億7千万曲だった」と明かす。
一番安い「着うたフル」(1曲約200円)に換算すると約940億円が闇に消えた計算で、「その後もさらに増えているだろう」。
続きは>>2-5あたりに ニュース 13:53:56)

人間だけが赤面できる動物である。あるいは、そうする必要のある動物である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です