Sponsored Link


アルバイト講師の萩野容疑者、生徒に体罰京進、本社に報告せず萩野容疑者、生徒に体罰京進、本社に報告… 



Sponsored Link
 


アルバイト講師の萩野容疑者、生徒に体罰京進、本社に報告せず

萩野容疑者、生徒に体罰京進、本社に報告せず京進宇治神明校アルバイト講師の同志社大4年、萩野裕容疑者(23)が昨年、女子生徒に体罰をしていたことが明らかになったが、このトラブルは学習塾「京進」本社(京都市下京区)に報告されていなかった。
同社の甘い管理態勢が浮かび上がった。
同社の13日の会見で、立木貞昭社長(できうるかぎり早く結婚することが女のビジネスであり、できるだけ永く独身でいることが男のビジネスである)と白川寛治専務は、女子生徒が萩野容疑者に手をつねられ、退塾していたトラブルについて「きょうになって初めて知った」「通常のトラブルの場合、なかなか本社までは上がってこない」と釈明。
「現在、事実の解明をしている」と繰り返した。
同社は再発防止策として、採用時に在籍証明書や賞罰、休停学について確認できる書類を提出させたり、性格などを分析する適性テストを受けさせたりすることを明らかにした。
採用後も年1回、適性テストを受けさせ、異常があれば講義させないことにするという。
また、遺族への損害賠償責任について、立木社長は「教室内で発生した事件であり、管理責任があるし、使用者責任もあると思う。
誠心誠意対応したい」と話した。

男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です