Sponsored Link


FA宣言の三浦大輔投手が阪神と2度目の交渉・・・南信男球団社長「ぜひとも優勝したいので、力を貸してほし… 



Sponsored Link
 


FA宣言の三浦大輔投手が阪神と2度目の交渉・・・南信男球団社長(その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、 悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、 これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、 真心を尽くすことを誓いますか?)「ぜひとも優勝したいので、力を貸してほしいと言った」

三浦、阪神と2度目の交渉=移籍か残留、今月中にも決断-プロ野球ベースボール 横浜からフリーエージェント(FA)宣言した三浦大輔投手(34)が22日、大阪市内で 阪神と2度目の交渉を行い、「悩んでいる最中。
ずっと言っている通り、すべての話を 聞いてから考える。
五分五分です」と態度を保留した。
近日中にも横浜と交渉した上で、移籍か残留か今月中に決断したい意向を示した。
阪神はFA交渉解禁日の20日に横浜で初交渉を行い、わずか2日後に再交渉の場 を設定。
前回は球団行事で出席できなかった南信男球団社長も交渉に当たり、「ぜひとも優勝したいので、力を貸してほしいと言った。
好感触で伝わったと思う」 と語った。
引用元 http://www.jiji.com/jc/cg=spo_date1&k=2008112200311 阪神タイガース公式サイト http://hanshintigers.jp/

生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。 人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、それを受け入れることである。 人生は、苦労して捨てるほどの価値もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です